再生速度の調整

ご注意

  • クリップの再生速度を変更すると、アンシラリーデータは削除されます。

クリップ全体の速度変更

クリップの再生速度を変えることができます。

1) クリップを右クリックし、[時間エフェクト] → [速度]をクリックする

その他の方法

2) 各項目を設定し、[OK]をクリックする

ご注意

[速度]ダイアログ

(1)

[速度]

[再生方向]

クリップの再生方向を選びます。

[Rate]

元の速度を100%として、対する比率を入力します。

速度はIn点を基準にして変更されるため、[タイムライン上での長さを変更する]のチェックをはずした場合は、素材クリップのOut点側のマージンによって入力できるRateの上限が変わります。Out点側にマージンがない場合は100%より大きいRateは入力できません。

(2)

[タイムライン上での長さを変更する]

チェックを入れると、クリップの速度([Rate]の値)に応じてタイムライン上のクリップのデュレーションが変わります。[デュレーション]にクリップのデュレーションを入力して速度を変更することができます。チェックをはずすと、タイムライン上のクリップのデュレーションを変更せずに速度を変更できます。

(3)

[補間設定]

[補間設定]ダイアログが表示されます。

“[補間設定]ダイアログ”

部分的な速度変更【タイムリマップ】

クリップの任意の部分の速度を変化させることができます。

クリップの特定のフレームをタイムラインの別の時点に再配置します。残りのフレームが自動的に補間され、結果的にそのフレームの前後の速度が変更されます。クリップのIn点、Out点のフレーム、全体の長さは変わりません。

1) クリップを右クリックし、[時間エフェクト] → [タイムリマップ]をクリックする

その他の方法

2) タイムラインカーソルをドラッグする

3) キーを追加する位置で[キーの追加/削除]をクリックする

その他の方法

4) キーの上にマウスカーソルを合わせ、左右にドラッグする

その他の方法

5) [再生]または[ループ再生]をクリックし、映像を確認する

[タイムリマップ]ダイアログ

(1)

キーフレーム編集ボタン

:タイムラインカーソルの位置にキーを追加します。タイムラインカーソルの位置にキーがある場合は、キーを削除します。

追加:[Insert]、[V]

削除:[Delete]

:タイムラインカーソルを前のキーに移動します。

[Page up]、[A]、[Ctrl] + [←]

:タイムラインカーソルを次のキーに移動します。

[Page down]、[S]、[Ctrl] + [→]

:タイムラインカーソルの位置からクリップの最後までを再生します。再生中にクリックした場合、一時停止します。

:クリップを繰り返して再生します。再生中にクリックした場合、一時停止します。

(2)

[初期化]

[初期化]をクリックして[はい]をクリックすると、追加したキーをすべて削除し、元の状態に戻します。

(3)

タイムコード(タイムライン)

タイムラインカーソルの位置にあるキーをタイムラインのタイムコードのどの位置に配置するか、数値入力で指定できます。キーにタイムラインカーソルを合わせると、タイムコードが表示されます。

(4)

タイムコード(クリップ)

タイムラインカーソルの位置にあるキーをクリップのタイムコードのどの位置に配置するか、数値入力で指定できます。

(5)

キー設定領域

キーを設定するスペースです。速度が変更されていない部分には、緑色のラインが表示されます。

(6)

時差表示領域

キーを追加した場合に、生じる時差を線でつないで表示するスペースです。

(7)

クリップ

キーがクリップのどの位置のフレームと一致するのかをキーと結ばれた線で示します。

(8)

[補間設定]

[補間設定]ダイアログが表示されます。

“[補間設定]ダイアログ”

(9)

[Full Range]

クリップのマージン部分もすべて表示します。タイムリマップ設定後にトリミングやカットなどを行った場合にチェックを入れると、カットされた部分のキーも表示することができます。

(10)

[Enable]

タイムリマップの設定の有効/無効を切り替えます。チェックをはずすと、設定を無効にできます。

コマ止め再生【フリーズフレーム】

クリップのIn点またはOut点を静止させて再生します。クリップの長さ分静止させるだけでなく、任意のフレームより前半または後半を静止させることもできます。

ご注意

  • フリーズフレームを設定できるのは、タイムライン上にあるビデオクリップです。

  • フリーズフレームを設定したクリップをタイムラインからビンへ追加すると、フリーズフレームの設定は削除されます。

1) クリップを右クリックし、[時間エフェクト] → [フリーズフレーム] → [設定]をクリックする

その他の方法

2) [フリーズフレーム]ダイアログで、[フリーズフレームを有効にする]にチェックを入れる

3) 固定位置を選び、[OK]をクリックする

任意のフレームより前半または後半をコマ止め再生する

1) 静止させるフレームにタイムラインカーソルを移動させる

2) クリップを右クリックし、[時間エフェクト] → [フリーズフレーム] → [カーソル前]または[カーソル後]をクリックする

その他の方法

ご注意

  • クリップ間トランジションにタイムラインカーソルがある場合はフリーズフレームを設定できません。

補間設定

スローモーションを設定したときのちらつきなどを軽減する処理オプションを設定できます。

1) クリップを選ぶ

2) メニューバーの[クリップ]をクリックし、[時間エフェクト] → [補間設定]をクリックする

その他の方法

3) 各項目を設定し、[OK]をクリックする

[補間設定]ダイアログ

(1)

[補間方法]

[最近傍法]

フレームを間引いたり、同じフレームを連続させたりすることで、クリップの長さを調整します。

[フレームブレンド]

前後のフレームを合成し、新しいフレームを自動生成して補間します。

[オプティカルフロー]

前後のフレームのピクセル単位の動きを解析し、新しいフレームを自動生成することで、被写体の動きを滑らかに再生します。

リストボタンをクリックすると、[オプティカルフロー]の品質を設定できます。

[カスタム]を選ぶと、[アドバンスドマッチング]と[精度]を個別に設定できます。

  • [アドバンスドマッチング]

    画像間の詳細なマッチを解析する[アドバンスドマッチング]を使用すると、より細かな特徴をとらえることができるため、前景と背景をシャープに分離できるようになります。

    [アドバンスドマッチング]を有効にすると、特有のアーティファクトが生じる場合があります。そのような場合は、[アドバンスドマッチング]のチェックをはずしてください。

    “オプティカルフロー”

  • [精度]

    解析の精度を設定します。

    解析の精度は、[低]から[高]の4段階から選ぶことができます。精度が高いほど解析に時間がかかりますが、オプティカルフロー特有のもやもやしたアーティファクトが軽減されます。

(2)

[処理オプション]

スローモーション時のちらつきの対処を設定できます。速度を落とした場合に走査線の関係で映像がちらついたりする場合は、[速度が100%未満時にインターレースを解除]を選びます。

(3)

[既定値として保存]

クリックすると、現在の設定内容を既定値として保存します。クリップをタイムラインに配置するとき、常に既定値の[補間設定]が適用されます。

ハイクオリティースローモーション

オプティカルフローという画像補間技術を適用することによって、[時間エフェクト]の[速度]の設定を変更してクリップの再生速度を落としたとき、より高品質で滑らかな動きのスローモーション映像に変換できます。

オプティカルフロー

オプティカルフローとは、画像間の微細な動きを解析し、空間的に滑らかな動きを仮定することによって、画像間を補間する画像を新しく生成する技術です。これによって、高品質なスローモーションや滑らかなフレーム変換を実現することが可能になります。

ご注意

  • 次のような映像では、ハイクオリティースローモーションの効果を十分に得られない場合があります。

    • 著しく高速かつ移動距離が大きい映像

    • 被写体同士が交差をする映像

    • ビルの窓やフェンス、ボーダー柄のTシャツのような規則的な模様が含まれる映像

      [オプティカルフロー]の[アドバンスドマッチング]を有効にすると、特有のアーティファクトが生じる場合があります。

    適用後は映像を再生し、背景と被写体の映像が混ざったり、映像がゆがんだりしていないかどうかを確認してください。

1) タイムラインのクリップを右クリックし、[時間エフェクト] → [速度]をクリックする

2) 各項目を設定する

3) [補間設定]をクリックする

4) [補間方法]で[オプティカルフロー]を選び、リストボタンをクリックして品質を設定する

5) [OK]をクリックする

6) [OK]をクリックする

 To Top 
EDIUS World Home Where to Buy Try EDIUS 9 Support Manual FAQ
Copyright © 2018 Grass Valley Canada. All rights reserved.
Join the Conversation: Grass Valley on Facebook Grass Valley on Twitter Grass Valley on Youtube